横浜DeNAベイスターズファン優勝ブログ

横浜DeNAベイスターズファンが優勝を目指すブログ

伊藤裕季也はニューヒーローになれるか

巨人が勝ち、広島がリードしている中、絶対に負けられない試合だったベイスターズ

 

先発石田は6回途中までで3失点、1点差に追いついた直後には齋藤が1失点して2点差になり、嫌なムードだった。

 

そのムードを変えたのは、昨日プロ初ヒットを放った伊藤裕季也だった。

 

前の打席でプロ初ホームランを打っていたが、2点ビハインドの展開で、同点となる二打席連発となるツーランホームランを放った。

 

ハイボールヒッターなのは誰でもわかるはずだが、やはり中日は弱い。ハイボール、特にストレートに振り負けない伊藤に対し高めのストレートを投げて来てくれて非常に助かった。

 

この同点ホームランで明らかにムードが変わり、勝って当然という展開になった。

 

同点の9回は山﨑康晃がしっかり抑え、9回裏に、祖父江の謎守備も手伝い、1アウト満塁と場面を整え、チャンスに強い乙坂がサヨナラ犠飛を放った。

 

伊藤裕季也のバッティングについて

ファームでは11本のホームランを放っていることでも分かる通り、長打力が魅力の内野手だ。


ファームの試合を見てはいないが、昨日今日の伊藤裕季也のバッティングを見ている限り、高めの球とストレートには振り負けないバッティングをしている。


昨日今日の試合では中日バッテリーが「こんな野球してるからBクラスなんだろうな」という攻め方をしてくれた為、低めの球への対応を見ることはできていない。


明日以降はどうなるかわからないが、これだけの活躍をした以上、明日からもスタメンで起用されるだろう。


そして明日以降、中日バッテリーもBクラスチームとは言え、さすがにプロ球団なので伊藤裕季也への攻め方も変わってくるだろう。


(というか昨日の時点で攻め方を変えるのが本来プロなので、今日の中日チームのBクラス特有の攻め方は非常に疑問が残るものではあった。一本目のホームランを見て、それでもストレート、高めの球で攻めるのは典型的なBクラス野球だ。)

 

それはさておき、広島に負け越し宮﨑が骨折で離脱したが、ハマスタで2連勝となった。この流れを切らさないように、明日は今永にしっかり投げてもらい、中日にはスイープを決めたもらいたい。

 

そして次のカードはヤクルトだ。ヤクルトもBクラスに沈んでいるチームらしく、低めに球を集められる投手ばかりではないので、伊藤裕季也はまだまだ活躍できる可能性はある。

 

巨人・広島・ベイスターズの三つ巴の戦いはまだまだ続く。このままの調子で9月を迎え、最終的に良い位置でゴールできるよう、チームとして最善を尽くしてもらいたい。