横浜DeNAベイスターズファン優勝ブログ

横浜DeNAベイスターズファンが優勝を目指すブログ

ベイスターズ・広島・巨人の三つ巴は予想通りの展開だ。

もともとシーズン前から、今季のペナントはベイスターズ、広島、巨人の三つ巴だろうと予想していた。

 

yokohama-dena-baystars.hatenablog.jp

詳細は上の記事に書いてはいるが、Aクラスは広島、ベイスターズ、巨人。Bクラスはヤクルト、阪神、中日。思いの外ヤクルトが最下位を独走しているが、その他は当初の想定通りの結果となっている。

 

巨人は予想通り澤村がリリーフに回り、リリーフ不足を懸念して新外国人を獲得している。広島は予想通り、中崎が勤続疲労で振るわず、フランスアも盤石とは言えない。

 

ベイスターズは一時最下位に落ち、その時点でブログを更新するのも億劫になっていたが、今は首位の巨人とは0.5ゲーム差まで縮まった。

 

ここからの2週間は今後の流れを占ううえで非常に大事な2週間となる。

 

各チームの今後2週間の対戦相手は以下の通りだ。(どのチームも最初の3カードは夏の9連戦となっている。)

 

巨人
中日 ヤクルト 広島 阪神

 

ベイスターズ
広島 中日 ヤクルト 広島

 

広島
ベイスターズ 阪神 巨人 ベイスターズ

 

見て貰えばわかる通り、巨人の今後2週間は非常にイージーモードだ。
ベイスターズは広島と6試合戦うが、それ以外はヤクルト中日というイージーモード。
広島はベリーハードモード

 

巨人が中日ヤクルトとの6連戦で2勝4敗になるようなことがあれば、かなりズルズル行くだろうが、可能性としてはそう高くはなさそうだ。

 

つまり、ベイスターズは広島との6試合で、星の潰し合いをする訳にはいかないということだ。

 

広島は巨人との3連戦は是が非でも勝ち越さなければならない。ベイスターズにも勝ち越しは必須。非常に苦しいノルマだ。

 

中日ヤクルトはいつまでも巨人に負け続けて貰っても困る。特に中日は巨人に対し4勝10敗と大きく負け越している。ここも頑張ってもらわなければならない。

 

久しぶりに夏場以降も楽しめるペナントになりそうだ。

本当の勝負は9月以降だが、それでもこの2週間は非常に注目すべき2週間となるだろう