横浜DeNAベイスターズファン優勝ブログ

横浜DeNAベイスターズファンが優勝を目指すブログ

東克樹の今後2試合の結果見通しと、下降線に入った巨人の現状について

今日の先発は巨人キラーの東だった。

前回巨人と対戦した時には3回8失点と炎上し、今日の試合は今後の東、ベイスターズを占う意味で非常に重要な試合だった。

 

結果から言えば、東には勝ち星が付き、5-1で勝利した。

さらに今季不振にあえぐ桑原は、賭博問題の高木京介から本塁打を放ち、三嶋エスコバーパットンという今季なかなか調子の上がらないリリーフ投手も巨人打線を無失点に抑えた。

 

東は6回途中でランナーを残し降板

東は6回途中で降板となったが、これは見ていても致し方ない交代のように思えた。

1週間前の中日戦でも球の走りは悪かったが、今日もやはり球威キレともに去年と比べ大きく劣化していることはほぼ間違いないのではないか。今のピッチングでは首脳陣から信頼され、イニングを任せられるというのは難しい。

 

現在のベイスターズ先発ローテの中では上茶谷に次いで見劣りする。今日は巨人キラー力で勝ち星を得たが、本調子とは言えない出来だ。

 

ローテ通りならば、次回登板はセ・リーグ最少得点の中日、その次はパ・リーグ最下位且つパ・リーグ最少得点のオリックスということで、抑えて当然の相手であるし、それなりに好投はするだろう。

 

だがその結果だけを見て東復活とは見れないもうしばらく注視が必要だろう。

 

巨人の現状分析

巨人はやはり落ちて来た。

澤村の泥酔暴行事件が明るみに出てから、巨人の貯金は最大9あったものが、今は5にまで減った。今後もゆるやかな下降トレンドは続くだろう。

 

澤村の暴行事件自体も大問題であり、本来は傷害罪として警察のお世話にならなければいけない事件である。だがそんな投手を一軍のリリーフで起用せざるを得ないところが巨人の弱さだろう。それは賭博問題の高木京介にも言えることだ。

 

そしてそんな巨人の現状に暗い影を落としているのが、賭博問題で野球界を追放された元巨人の笠原の存在だ。

 

笠原は現在、ユーチューバーとして活動している。

 

澤村が泥酔暴行事件を起こした時にも澤村をネタに動画を投稿している。少し前には高木京介をネタにした動画を投稿している。

 

投稿された動画自体は、巨人に対して直接的に大きな影響を与える動画ではないが、笠原がやろうと思えば巨人の闇を明るみに出すことは十分に可能だ。

 

笠原から巨人への「いつでも大きな爆弾を落とすことは可能ですよ」という緩やかな宣戦布告のように感じた。

具体的に言えば、素行が悪かった坂本のネタなども握っているであろうことは容易に想像がつくし、それが今巨人の選手たちに地味に重圧になっているのではないか。

 

今のままの流れなら、貯金2か3程度までは落ちる可能性は高いだろう。

 

巨人にとって笠原将生という存在がここに来て大きな足かせになっているようだ