横浜DeNAベイスターズファン優勝ブログ

横浜DeNAベイスターズファンが優勝を目指すブログ

ベイスターズ、劇的ゲームの次戦は負けてしまう法則

今季のベイスターズは乗っていけそうなところで乗れない。ずっとその繰り返しで8月まで来てしまった。

 

乗っていけそうで乗り切れない原因のひとつは、おそらく「劇的勝利の翌ゲームで負けてしまう」ことだろう。

 

昨日の3者連続ホームランという勢いを活かせずに今日も負けてしまった。

 

余談だが今日の敗因の一端は濱口のあの醜い態度にもあるのではないだろうか。

 

毎度毎度のことで言及することにも飽きてきたが、濱口のあの態度は一体何なのか。

 

濱口のああいった態度はチームを負けに導く。それが濱口の今季の1勝5敗という負け運にも繋がっているように思えてならない。

 

濱口の話はさておき、今季ベイスターズが劇的ゲームを演じた翌日の結果を振り返ると


つい先日中日のマルティネスの乱調に乗じて9回逆転勝ちした翌日に負け
8/3、延長11回にサヨナラ勝ちをした翌日から広島に2連敗を喫し、
6/24、9回に一挙5点を奪い勝利した次の試合に負け
6/16、延長11回に勝ち越して勝利した翌日に今永が打たれ大敗
6/14、延長11回に勝ち越して勝利した翌日に東が打たれ敗戦
6/10、雨天の日ハム戦で今永が完投勝ちした次戦で完封負け
5/31、苦労人ムシキングのサヨナラ打の翌日に今永の乱調で負け
5/25、今季最多の14得点を挙げた翌日に三上の大乱調で負け
5/9、9回に倉本が同点打を放ち引き分けに持ち込んだ次戦で負け
5/4、菅野を相手に0-0の引き分けに持ち込んだ翌日にウィーランドが7失点で負け
4/29、延長10回に2点勝ち越して勝利した翌日に負け
4/21、9回に追いつき10回に勝ち越し勝利した翌日に負け
4/1、京山がプロ初登板初勝利を挙げた次戦で負け

 

このように劇的な試合の翌戦には悉く敗戦している。

 

特に延長線にもつれ込んだ試合の次の試合は殆ど負けているという印象がある。


あとは苦労人ムシキング山下の涙のサヨナラ打の翌日に負けて乗っていけなかったことも印象に強く残っている。

 

ああいった試合は是が非でも勝たなければならない。負けてしまうと前日の勝利の価値が半減してしまう。

 

明日の広島の先発は今季初登板の戸田だ。

 

ここで負けると昨日の3者連続ホームランの価値がゼロ、いやむしろマイナスにまで落ちてしまう。


絶対に負ける事の許されない試合だ。