横浜DeNAベイスターズファン優勝ブログ

横浜DeNAベイスターズファンが優勝を目指すブログ

選手のメンタルを破壊し尽くしていくラミレス監督

そろそろラミレス采配には限界を感じる。

 

球場別打撃成績()という謎のデータ野球で戸柱をスタメンに抜擢し、2回で懲罰交代とも受け取れる交代をさせる。

 

代えられた選手の心には大きな傷が残る。このような異例中の異例レベルの采配を今年に入ってすでに二度も行っている。しかもどちらも結果は悪い方に出ている。

 

バッテリーコーチである鶴岡コーチの意向は汲めているのだろうか。それともラミレス監督の独断なのだろうか。そこも疑問だ。

 

仮に鶴岡コーチもイニング途中での捕手交代に賛同していたのなら、鶴岡コーチも同罪だ。或いは、この交代がラミレス監督の独断であったのなら、ラミレスに進言すらできないバッテリーコーチは無能の烙印を押されてもしょうがない。

 

また、二軍に落とさないといけないレベルの京山を今の今まで一軍の先発ローテで晒し投げをさせ、メンタルを破壊して二軍に落とす

 

メンタルを破壊された京山の成れの果てが、あの弱小校野球部がやりそうなボークだ。だがあのボークも元を辿れば、ラミレス監督が落とすべき場面で二軍に落とさなかったことが招いたことである。

 

これだから、京山ではなく井納を一軍に残しておくべきだったのだ。井納なら抑えられたという訳ではなく、最低でも、中学生レベルのボークを犯す程、京山のメンタルを破壊することはなかった。

 

さらに、相変わらず制球に難のある笠井がランナーを二人出し、暴投で2,3塁になって申告敬遠をする。

 

制球に難のある投手にとって満塁がどれ程プレッシャーかということを分かっていない。これは今年だけでなく去年以前からずっと指摘され続けていることだ。

 

もうチームには崩壊の兆候が出ている。京山が明らかに動揺している時に内野陣は声掛けすらしていなかった

 

つい先日、巨人戦で三嶋国吉石田が7回に7点を取られ逆転負けを喫した試合でも、7回以降野手陣はノーヒットだった。これは野手陣から投手陣への無言の抗議だったのだろう。

 

それ位、今のベイスターズチーム内で様々な軋轢が生まれてしまっている。

 

ラミレス監督の采配はあまりにも自分中心で、選手目線でなさすぎる。

 

ラミレス監督には、これ以上選手のメンタルを破壊するのは止めて頂きたい。

 

できることなら、被害を最小限に抑えるべく辞任して頂きたい。

 

自分から辞任はしないタイプなのは分かるが、それなら球団側に決断をして頂きたい。

 

ファンとしての切なる願いだ。

ベイスターズ最下位の責任の一端は南場オーナーにもある。ラミレス監督だけではない。

昨日の試合は南場オーナーの故郷新潟での試合ということで、南場オーナーが観戦に訪れたようだ。

 

試合前には、最下位に低迷するベイスターズについて、オーナーが直々に謝罪するという事態に発展した。

www.nikkansports.com

記事を読んだが、すでに今の時点で、オフのFOR REALのシナリオと金儲けに目線が向いているようなコメントにも読めてしまった

 

何があっても謝罪は絶対にしないラミレス監督よりはまともな態度だが、現実問題、ラミレス監督を続投させたのは南場オーナーだ

 

そして続投させながらウィーランドを解雇し、新たな外国人先発投手の補強を怠ったのも南場オーナーだ。

 

前回の記事でも書いたが、
ラミレス政権で、須田・タナケンは明確に壊れ、パットン・砂田も不調に陥り、井納は雑な扱いをされプライドをへし折られ、三上は肘を痛め、三嶋も壊れた。

 

そして野手は、鈍足長打マンがバットを振り回すだけで、運頼みでしか得点できないバッティングスタイルがチームに根付いてしまった。

 

ラミレス政権の4年間で、チームは成熟するどころか崩壊へと向かっている。

 

穿った見方になるが、南場オーナーはベイスターズファンにはにわかが多いから、にわか受けをするホームランばかり狙うような野球をラミレス監督に指示しているのではないか、とすら思えてしまう。

 

進塁打なんてにわかファンから見れば単なるゴロアウトだろうし、大差の負け試合でも、筒香ソトあたりに一発が出れば、観客は盛り上がるだろう、という浅はかな考えでいるのではないか。

穿った見方をすればそのように勘ぐることもできてしまう。

 

それが結局、ベイスターズの一発狙いばかりで得点効率が著しく悪い、負け試合でソロホームランを打ってお茶を濁す野球に繋がっているではないか、と思えてきた。

 

ベイスターズが現状最下位に低迷している責任の一端は、間違いなく南場オーナーにもある。

 

南場オーナーはFOR REALに目が行くのも良いが、客集めばかり考えていないで、もう少しチームとしてやるべきことがあるのではないだろうか。

三嶋はラミレスベイスボールの被害者。責めることはできない。

昨日の試合は、三嶋がおかしな投球をしなければ勝てていた可能性が高い試合だった。

三嶋は、田中に与えた一つ目の四球の時点で、すでにボールをコントロールできておらず、焦げ臭かった。

そして山本に与えた二つ目の四球の時点では、完全にボールが抜けており、この時点ですでに三嶋の球数は24球に達していた。

 

山本へ与えた四球、ここが明確な代え時だった。24球という球数、三嶋のコントロール、どう考えても代え時はここだっただろう。

だがベンチは三嶋に続投をさせ、「四球の後の初球」という格言通り、坂本に初球をライトに運ばれて、試合の流れは一気に巨人へと傾いた。

 

その後は丸に四球を与え、満塁の場面でコントロールに難のある国吉をマウンドに送り、神里が下手糞過ぎる致命的な守備をして、試合の大勢は決した。

 

国吉の四球や神里の守備の問題もあったが、やはり逆転負けの発端は三嶋だっただろう。

だが三嶋は去年、ラミレス監督に異様なまでの酷使をされてきた。去年から三嶋の起用法については散々記事にしており警鐘を鳴らしていたが、結局三嶋は壊れてしまった。

 

振り返ればラミレス政権で、須田・タナケンは明確に再起不能となり、パットン・砂田も不調に陥り、井納は雑な扱いをされプライドをへし折られ、三上は肘を痛め、三嶋も壊れた。

 

 

今季、継投ですでに5試合くらいは星を落としているが、リリーフピッチャーは去年までのマシンガン継投で大分消耗している。

 

三嶋はラミレス監督が志向するベイスボールの被害者だ。責めることはできない。

 

ラミレス監督よ、選手は監督の自己顕示欲を満たす為の駒ではない。

今日は東の復帰戦ということで、今日くらいは勝てるだろうと甘く見ていたが、スタメンを見て目を疑った。

 

プロ2年目、二十歳の山本がキャッチャーでスタメンだった。確かに二軍で東とは何度かバッテリーを組んでいたのだろうが、一軍と二軍はそもそも違う。

 

一軍の巨人の打者の特性について山本は頭に入っていたのだろうか。データは頭に入っていたとしても、キャッチャーは感覚が重要なポジションだ。

 

プロ二年目の二十歳の山本に巨人の各打者の特性を理解し、どう打ち取るかイメージさせるのは不可能だろう。

 

案の定、東・山本のバッテリーは序盤から息が合わず、3回8失点でKO。試合途中でキャッチャーは嶺井に代わった。

 

以前、9回の途中で伊藤から嶺井にキャッチャーを代えて負けた試合があったが、そこでラミレス監督は「勝っていたら良い交代をしたと言ってもらえた」というはらわたが煮えくり返る発言をしていたが、今日もそれに近いパターンだ。

www.nikkansports.com

 

そして試合終了後、山本の二軍降格と戸柱の一軍昇格が決まったようだ。これは東にも山本にも心にシコリを残す敗戦だろう。

 

今季のベイスターズは選手の心を折りまくっている

 

伊藤光を9回途中で嶺井に交代させ、
井納を敗戦処理に回し、二軍降格させ、
東の復帰戦で20歳の捕手を使い炎上させ、
東にも山本にも傷を負わせ、
三嶋は去年からの酷使でぶっ壊れているのに今年もサヨナラ負けを経験させた。

 

一体、どれだけ選手を雑に扱えば済むのか。

 

選手は監督の自己顕示欲を満たす為の駒ではないのだ。

井納はいつから敗戦処理ピッチャーになったのか

井納はいつから敗戦処理で、2イニング投げさせられるような投手になったのだろうか。

 

誰がそのような扱いを井納に命じたのだろうか。

 

確かに直近2試合は先発として試合を作れなかったが、2試合連続で試合を作れないと敗戦処理に回される程、ベイスターズは先発が充実しているチームなのだろうか。

 

仮にそうであれば、なぜ阪神3連戦の先発が阪口・バリオス・京山のお試し投手3連発なのだ。この3人のどこかで井納を先発させた方がまだましだったのではないか。

 

仮に今日出場するとしても、バリオスの後を継ぐ二番手ならまだ我慢は出来る。

 

だが実際はバリオスの後に、進藤が押し出し、その後を継いだ武藤が押し出し、結果0-3となった後に井納が登板している。

 

このチームの首脳陣は明らかにおかしい。起用法が不可解過ぎる。

 

選手を駒のひとつとしか見ていないような起用法は、チームの選手からの不信感につながる。士気が落ちる。

 

とにかく誰か、誰でもいい、井納のメンタルをケアしてやれ。

野球の神様の天誅を受けたベイスターズ

昨日の劇的勝利で波に乗って欲しかったが、野球の神様を舐めたベイスターズは一日にして流れを失ってしまった。

 

事の発端は昨日の試合後のラミレス監督のインタビュー。

www.akasaka-cycle.com

 

上の記事にラミレス監督が語った衝撃のコメントが載っている。

この勢いを明日からの本拠地ハマスタでのヤクルト3連戦につなげたいところ、ではあるんだけど、ラミレス監督はイタズラっぽく笑い、こう言って会見を締め括った。
「明日は雨だね」
ちなみに日本語でした。

 

ラミレス監督は完全に野球の神様を冒涜している。

 

ラミレス監督の中ではおそらく今日はもともと雨で試合にならないと踏んで、先発に進藤を持ってきたのだろう。

そしてどうせ負け試合だからと、2イニングを終わり限界の見えていた進藤を3回にもマウンドに送り、3回に失点した進藤をそれ以降も引っ張った挙句の4失点なのだろう。

 

そして二番手に防御率二桁の平田を持ってきて失点する。あまりにもふざけている。

 

この試合がプロ初先発となった進藤というプロ野球選手のことを何だと思っているのか。自分が操る駒の一騎に過ぎないとでも思っているのだろうか。

 

プロ初先発となった進藤の心中察するに余りある。他の選手もいつ進藤と同じような目に遭うか不安にもなる。

 

こういう事を差も当然のように行う人間がチームのトップに立ち、その組織はモチベーションを保てるのだろうか。

 

この試合は選手の心の中で長く尾を引く可能性が高い。何かあれば今日の試合を思い出すだろう。そして不安になり、首脳陣に対しての信頼も揺らぐだろう。

 

明日負ければチームは崩壊の危機が訪れるだろう。

 

先発はベイスターズが大貫、ヤクルトは高橋奎二。

 

先発投手のマッチアップ的にはおそらく勝てるだろうが、万が一にも絶対に負けることは許されない。

 

そういう難しい試合にしてしまった。

二番に石川雄洋が入りチームバッティングが機能。ベイスターズ連敗脱出。

今日の公示で、ベイスターズは6人の選手を入れ替えた。

 

パットンに代え武藤、倉本に代え石川、関根に代え乙坂。

武藤や乙坂は別として、石川の昇格はベイスターズにとって大きな朗報となった。

今日の試合でいきなり二番セカンドでスタメン出場した石川が躍動した。

 

去年もそうだったが、石川が昇格してスタメン出場すると、チーム全体の戦い方が大きく変わる。具体的には、球を良く見るようになり、四球での出塁が増える。

 

今日も巨人の山口を相手に、5回までで91球を投げさせ、5回までで4つの四死球を奪った。1試合通算ではなんと8つもの四死球を選んだ。

 

そして石川はチームバッティングができるので、攻撃の幅が広がる。

3回には先頭の大和が小林のエラーで出塁し、広がった一二塁間を石川が破り、1ヒットでノーアウト1,3塁というチャンスを作った。それが先制点に繋がった。

 

こういった、球数を投げさせ、四球を選び、チームバッティングでチャンスを広げるという、バランスの良い野球が勝てる野球なのだ。

 

逆に今までラミレス監督がやっていたような、二番セカンドソトやセカンド中井ライトソトのような重量級で守備軽視の野球では、ただ打つのを待つだけとなる。

それでは負けが込んでも当然である。

 

最終回のサード柴田の守備も良かった。

 

守備からリズムを作れば、チームは活性化する。ラミレス采配に対し厳しい意見を述べてきたファンは皆こういう野球を望んでいたのだ。

 

これでベイスターズは連敗を10で止めた。

 

実際にこういった野球で結果が出たのだから、ラミレス監督は今までやっていたギャンブル狂のような野球を改めてもらいたい。今日のように守備を堅くしながら戦ってもらいたい。

 

そして球団も和製二遊間の育成にもっと貪欲に取り組んでもらいたい。

 

ソトがセカンドを守るというのは付け焼刃であり、対症療法に過ぎない。外国人はいつまでチームに所属するのかまったく読めない。

 

今までの傾向として、特効薬石川は数試合すれば効果は薄れる。だからこそ常にこういった野球をさせるように、球団指令としてラミレス監督を締めてもらいたい。